目的別、顔の形別、ぴったりなサングラスの選び方


サングラスには目的に応じて種類が違う

サングラスは太陽の光から目を守ってくれ、紫外線対策になります。サングラスには様々な種類があります。目的に応じたサングラスを選びましょう。

例えば釣りなどで使いたい場合、太陽の光から目を守ることも大切ですが同時に水面に反射している光を軽減できることが求められます。また、ランニングで使いたい場合はずれにくいものであったり、視界が良好な状態で保たれるようにすることが求められます。

ファッション、おしゃれの1つとしてサングラスを使うのであればデザインの他にこだわるところはないですが、スポーツやレジャーなど明確な目的が決まっている場合はその目的に特化したものを選びましょう。

顔の形とサングラスの形

サングラスの形にはスクエア型、ラウンド型など様々な種類があります。ではどうすれば自分の顔の形に合ったサングラスを見つけることができるのでしょうか。ポイントは2つあります。

まず、自分の顔を知るということです。丸顔の人もいれば面長の人もいます。まずは自分の顔がどのタイプに当てはまるのか知りましょう。そして自分の顔のタイプとは違うフレームのものを選ぶことが大切です。例えば丸顔の人はスクエア型のものを選びましょう。丸顔に丸いフレームを合わせると顔の輪郭が強調されます。顔の輪郭とフレームの形は違うものになるようにしましょう。

そしてサイズです。顔よりも小さすぎるフレームだと、顔が大きく見えてしまいます。反対に大きすぎるフレームだとおかしな感じになります。購入する前に一度試着するなどして、サイズを確かめましょう。

サングラスは光の反射を抑える効果があるため、使用することで太陽の光が強い日でも光に邪魔されない自然の色を楽しむことができます。